病気やけがで病院や診療所にかかる時、医療の現場では、医師や看護師だけではなく さまざまな医療専門スタッフが検査や治療に関わってきます。そんな専門スタッフの中で X線(レントゲン)撮影などを担当するのが 「診療放射線技師」です。一般的に「X線技師」「レントゲン技師」などと呼ばれることもありますが、「診療放射線技師」 (国家資格)が正しい名称で、医師・歯科医師の指示のもとに放射線を人体に照射することができる専門職者です。
 診療放射線技師の一般的な業務としては、胸部写真などのX線撮影がありますが、X線撮影以外にもX線透視装置、 X線CT装置やMRI装置、超音波診断装置などの各種画像診断機器を使用した検査の他、放射性同位元素で標識した放射性医薬品を 使って行う核医学検査、直線加速器等により発生させた高エネルギー電子線やX線を用いた放射線治療など今日の医療にとって 欠くことのできない重要な業務を行っています。
 このように、最先端の医療現場で活躍している診療放射線技師は、医療現場において注目されている職種なのです。

最終更新日: 2017-10-31

HOME | 職業案内