会員のみなさまへ



 

公益社団法人 福島県診療放射線技師会
会長 新里 昌一
 

 会員の皆様には、日頃から会活動に対してご理解ご協力頂きまして、誠にありがとうございます。
 福島県は、東日本大震災による原発事故により放射性物質が県内に拡散して、広い範囲で汚染されました。除染作業も進んでいますが、放射線被ばくの問題で心痛めている住民も数多くいるのが現状です。我々は、放射線のリスクと有益性の知識を持ち合わせている放射線の専門家として、今こそこの知識を生かし、それぞれの立場でできることから県民の負託に応えて行きましょう。
 本ホームページの有効利用は、チーム医療が取りざたされている中で、関係する諸機関、団体とも連携を図ることが求められる中では不可欠の情報発信源です。また、県民の皆様へ情報を提供するとともに、会員の皆様方のスキルアップのための情報源としても、大いに活用してもらいたいと思います。多くの有用な情報をできるだけ早く提供できるように、ネットワーク委員会の協力を得ながら進めていきます。 会員の皆様へのよりきめ細かな対応として、ホームページと連携したメルマガの開設も検討しています。開設された際には是非登録をお願いいたします。
 迅速な対応や、会員間の連携がより円滑に図られるものと期待しています。 (公社)福島県診療放射線技師会は、医療の質の向上に貢献すると共に、原発事故の当事県として、県民の安心と安全を守るための活動を継続していきます。今後とも積極的な参加と、なお一層のご協力をお願いたします。
 
 最後に、賛助会員の方々にも会の活動に協賛して頂き、深く感謝致しております。これからもより良い協力関係を強めて、共に歩んで行きたいと考えております。